肌になじむ

IPSコスメティックスで自信をつける

近年、特に有名な化粧品といえば、IPSコスメティックスの商品です。

 

従来、化粧品について多くの女性が抱えていた悩みの1つに
肌に馴染まないということがありました。

 

皆が気になる肌の悩みは?ランキングで紹介!


肌の悩みを抱える女性は多いですが、皆さんはどのような悩みを抱えているのでしょうか。
美容器具販売会社の調査によると、年代によって肌の悩みには大きな違いがあることが分かりました。

20代で最も多い悩みが「毛穴の黒ずみ」で、続いて2位が「乾燥肌・かさつき」、3位が「ニキビ」という結果になりました。

30代は1位が「毛穴の開き」、2位が「しみ」、3位が「毛穴の黒ずみ」で
40代は1位が「しみ」、2位が「乾燥肌・かさつき」、3位が「毛穴の開き」でした。

50代は1位が「しみ」、2位が「しわ」、3位が「張り・弾力のなさ」が上位となっています。

ランキングを見ると20代、30代では皮脂の過剰分泌やホルモンバランスによるトラブルや
生活習慣やストレスに伴うバリア機能の低下による悩みが多く見られます。

40代、50代になるとしみやしわ、肌の張りなどの悩みが増加しています。
これは肌の老化や筋力の低下が主な原因とみられます。

この年代になるとアンチエイジングを意識したスキンケアが重要になります。


使用するコスメにこだわる


IPSコスメティックスでは、肌に優しい成分を配合することによって
そのような悩みを解消しています。


もちろん、個人差はあるのですが、たいていの女性の肌に合うように作られています。

IPSコスメティックスには、様々な商品が揃えられてます。
多くの化粧品ブランドは、シリーズとして複数の製品を販売していますが
IPSコスメティックスでも同じように、シリーズで全てを完結することができるようになっています。

幸せな毎日

大きく分けると、スキンケア、ヘアケア、ビューティー&ヘルスサポートといった効果のある製品があります。
基本的に、シンプルなケアができることを重視して作られている製品が多いです。

シャンプーでのケア
肌を傷つけないようにするには、大量の化粧品を使うことは避けなければなりません。
そのためIPSコスメティックスでは、少量ですぐに洗い流しても効果が出るように配慮されているわけです。

 

また、昼と夜とでは必要な化粧品の種類が違います。
IPSコスメティックスでは、昼用と夜用とで異なる成分を用いています。

 

これは、少ない化粧品でもきっちりと効果を出すためのこだわりです。
その時々に必要な成分をしっかりと摂れるような構成を考えて
これからもIPSコスメティックスは進化していきます。

保湿成分の代表格「ヒアルロン酸」の効果と摂取方法

肌の悩みというのは人それぞれに実に色々なものがあります。

例えばハリ不足で頬の皮膚が垂れ下がりそれにつられるようにして毛穴が涙型に開いてしまう、
毛穴をカバーしようとしてファンデーションを塗ると毛穴落ちして逆に肌が汚く見える、
老人性色素斑やそばかすや炎症後色素沈着などのシミやくすみが目の下から
頬にかけて広がっていて顔色が暗く見える。

他にも、角質が硬くてゴワゴワになってしまい化粧水を馴染ませても浸透していかず
インナードライ状態に陥る、表情に伴い目の周りのちりめんじわや眉間の縦じわや
口元の法令線や額の横じわが深く刻まれる、皮脂が過剰に分泌されて毛穴の黒ずみや
いちご鼻が目立つ、頬や顎や口の周りに大人ニキビが大量発生しなかなか治らないので
跡も残るなど、なかなか改善されない肌トラブルに悩まされている方は多いのではないでしょうか。

表情筋の衰えやもともとの肌質や紫外線によるダメージや加齢や生活習慣の乱れ、
ホルモン環境の変化など、肌トラブルが起こる原因は様々ですが、最もポピュラーな
原因といえば、保湿ケア不足による肌の乾燥です。

乾燥すると肌が本来持っているバリア機能が弱まり、ターンオーバーが乱れて
肌細胞の再生の遅れが生じます。それが様々な肌トラブルを引き起こすというメカニズムです。

乾燥が全ての肌トラブルの原因であると言っても過言では無いほど、美肌の大敵となる厄介なものです。

ターンオーバーが活発な状態の健康な肌であれば、肌細胞が28日周期で生まれ変わります。
乾燥によりバリア機能が衰えていてターンオーバーが不活発な状態の不健康な肌だと、
肌細胞が生まれ変わる周期が2~3倍くらい長くなりめぐりの悪い肌環境になってしまいます。

この状態が長く続くと肌トラブルはどんどん悪化し悩みもどんどん深刻化しますので、
一刻も早く潤いをチャージしてバリア機能を向上させなければなりません。

それを強力にサポートしてくれるのが、保湿成分の代表格であるヒアルロン酸です。

保水力に優れた頼もしい成分で、乾燥による肌トラブルを改善させるだけではなく
関節痛やドライアイの改善や予防にも役立てることが出来ます。

全身の保湿ケアを実現させるためには、サプリメントで摂取するという方法がベストです。

豚足やフカヒレやスッポンなどの食材にも含まれていますが、効果的かつ効率的に
体に作用させるためにはサプリメントを用いるのがおすすめです。

サプリメント選びをする際は、ヒアルロン酸の配合量の多さや体への吸収の良さにこだわるべきです。

「セラミド」の効果と摂取方法

乾燥肌の強い味方となってくれる保湿成分には様々なものがありますが、
セラミドもその代表的なものです。人間の皮膚の角質層に存在する成分で
潤いを保つ働きを持ち、バリア機能をサポートするという役割を担っています。

不足するとバリア機能が低下して刺激を受けやすいダメージに弱い肌になってしまい、
ターンオーバーと肌細胞の再生リズムも乱れて肌トラブルを引き起こします。

加齢とともに減っていくという特徴がありますので、ある程度の年齢になったら
サプリやコスメで積極的にチャージして補わなければなりません。

保湿効果の実感力を高めたいなら、サプリメントで摂取するという方法がおすすめです。

インナーケアをして体の中からアプローチしていきましょう。サプリメントを選ぶときに
チェックすべきポイントとしては、成分をナノ化させる技術などが導入されていて
体に効率良くスピーディーに吸収される、商品コンセプトや効果効能が明確に掲げられていて
メーカーの理念に共感することが出来る、同時に配合されている美容成分の種類や
含有量の多さや一日の摂取目安やサプリメントの形状や味やニオイ、容量や相場と比較した際の
リーズナブルさやコストパフォーマンスの高さや買いやすさや続けやすさ、メーカーの信頼度や
知名度や商品の口コミ評価の高さや販売実績や評判の良さなどがあります。

成分の配合量が豊富で高濃度で吸収が良い高品質なサプリメントであっても、
価格が高すぎたり購入することが出来るお店が限られていたりすると続けにくくなって
しまいますので、続けやすさにもこだわって選ぶべきです。

サプリメントは食品ですので、摂取してすぐに美肌効果があらわれるというものではありません。

医薬品のような即効性は期待できませんので、飲み続けることが重要なポイントとなります。
食品なので副作用の心配などはありませんが、だからといって過剰摂取はご法度です。

一気にたくさん飲んでも美肌効果がアップすることはありません。
美肌効果を実感したいなら、1日の摂取目安を守って長期間じっくりと飲み続けることが肝心です。

セラミドはホウレンソウや黒ゴマやこんにゃくやわかめなどの食べ物にも
含まれていますので、食事メニューに積極的に取り入れてサプリメントとの
相乗効果を狙うというのも良い方法です。

積極的に摂取して乾燥肌を改善させることが出来れば、皮膚のバリア機能が向上して
健やかな肌環境を保てるようになり、それがアンチエイジングにもつながります。