肌質に合わせた洗顔

IPSコスメティックスで自信をつける 顔の肌タイプというのは人によって異なっています。
脂性肌の人もいれば乾燥肌の人もいますが、それぞれによってスキンケアの方法は違ってきます。


その為、洗顔の際に使用するコスメティックス選びもしっかりと行う必要があるのです。

 

因みにどういったコスメティックスを選べば良いのかと言いますと、
まず脂性肌の場合は比較的脱脂力の強いコスメティックスを選ぶ事が大切です。


脂性肌の場合は過剰に分泌される皮脂を取り除かないと
その皮脂が酸化して毛穴を塞ぎニキビなどの原因になってしまいます。


栄養の偏り?うるおい不足?ニキビを作る原因


10代はジャンクフードなどを食べる機会が多くないでしょうか。
栄養が偏るとニキビができやすくなります。
脂肪分や糖分は皮脂の過剰分泌につながります。


ビタミンB群が不足するとますます肌を健康に保つことが難しくなるでしょう。
ニキビは大人にもできますが、大人の場合は肌の乾燥が原因であることが多いです。


肌の潤いが足りなくなるとターンオーバーが乱れてしまいます。
しかも、肌を潤わそうと思って皮脂がたくさん分泌されるために、毛穴につまってアクネ菌の繁殖にもつながります。


睡眠不足もニキビになるので気をつけてください。
寝ている間に肌を修復しており、睡眠不足になると肌のターンオーバーが乱れてしまいます。


古い角質がいつまでも残ってしまうとニキビができやすくなるので睡眠時間を確保してください。
年代によっても違いますが、これらが主なニキビの原因です。
原因がわかるとどうやって予防すれば良いのかもわかるので、肌のことを考えた生活を心がけましょう。

 

◆様々な肌トラブルに対応する◆

 

他にも乾燥肌の場合は保湿効果の高いコスメティックスを選ぶ事が大切です。


乾燥肌の場合、お肌に必要な皮脂や水分が不足していますので、脱脂力の強い
コスメティックスを使ってしまうと肌状態が悪くなってしまいます。2つのタイプの美容液


その為、適度な潤いを残しつつ洗う事ができる物を使って洗顔をする事が大切です。

肌質に合う物でしっかりと洗顔を行うようにすれば、より健康的なお肌を手に入れる事ができます。

石鹸と泡立てネット

 

PAGETOP