若々しく美しく

IPSコスメティックスで自信をつける

女性は、40代、50代と年齢を重ねても若々しく美しくありたいと願っている方がほとんどです。

IPSコスメティックスは、10年以上の実績のある信頼できるお店で、加齢による
お肌や髪の毛の悩みを改善したり、紫外線や環境による影響で、ダメージを受けた髪の毛や
お肌を美しく改善する効果があります。

 

IPSコスメティックスの基礎化粧品の成分は、ホホバ葉エキスや
オウゴンエキスなどの植物成分を配合して作られています。

 

紫外線などのダメージを受けた、デリケートなお肌でも使用できる
IPSコンディショニングバーという洗顔石鹸や、ライン使いできる
IPSエッセンス美容液などの基礎化粧品を紹介しています。

IPSコスメティックスの美容液は、夜のお肌の修復する時間を利用して、昼間に受けたダメージを改善することが出来ます。

紫外線の影響や、パーマやカラーリングの影響で髪の毛にダメージを受けている方は、
切れ毛や抜け毛に悩まされている方が増えています。

傷んだ髪を保護する

IPSコスメティックスでは植物成分を含んでいる頭皮や髪の毛に優しい成分の
IPSシャンプーとIPSトリートメントが紹介されているので、使用することで
頭皮や髪の毛の状態が改善されてきます。

髪のダメージの原因と、ダメージを防ぐケア方法


髪の毛は、内側から毛髄質・毛皮質・毛小皮の3層に分けられます。
一番外側の毛小皮をキューティクルと呼び、髪の毛の表面を固く透明な細胞が重なり合っているのです。


拡大すると魚のウロコのような形状になっており、内側のたんぱく質などの栄養素を外に逃げ出さないようにしています。
同時に外側からの汚れや紫外線から守る働きもあるのです。


ダメージを受けている髪の毛は、栄養素が不足しているため、ツヤが見られず少しの力でもすぐに切れてしまいます。
原因としてはやはり紫外線を長時間浴び続けたり、洗髪せずに汚れが溜まってしまうことにあります。


その他、若者に人気の脱色やパーマなども悪影響を与えてしまいます。


髪の毛のダメージを防ぐためには、まず規則正しい生活をすることです。
夜ふかしや喫煙、栄養過多は髪の毛を作る栄養素が上手く運ばれないため、良い髪の毛が育ちません。


また、直射日光を長時間浴びないことや適切な洗髪はもちろん、ヘアケア商品を上手く活用して栄養素を補うことが望ましいです。

紫外線量が増える5~9月は要注意!紫外線による髪と頭皮への影響をチェック

紫外線は髪にとって大敵です。紫外線の影響は実に多様なものであ、髪や頭皮に
多大なダメージを与えてしまうことがあります。特に髪が薄い人は頭皮に与えるダメージも高くなり、
がんなどの原因にもなりかねません。

髪質にも影響を与えることがあるのが紫外線です。長時間紫外線に当たっていると髪が薄くなったりしてしまいます。
髪の色すら変わることもあるくらい、無視できないのが紫外線になっています。

特に紫外線量が増える時期には格別気をつけておかないといけません。

例えば、紫外線の量が増えやすいのが5月~9月です。この時期は日照時間も増えてきて、
それだけ髪に与えるダメージも増してきます。

また、梅雨明け以降は一気に紫外線量も増えてダメージが募る傾向にあるので、7月以降は対策を必ずしておいてください。

適切に髪の状態を確認することも大事です。例えば、髪が薄くなってきたりした感じがしたら
紫外線を浴びすぎている可能性があります。他にも、髪がチリチリするくらい長時間外にいる場合には、
自然と浴びてしまう紫外線の量も増えるので気をつけて下さい。

紫外線のチェックは紫外線メーター等を用いることもありですが、夏場の日に3時間以上も外にいる場合は
基本的に紫外線を浴びすぎていることがほとんどです。

後述するように対策をすることは色々とできるものの、やはり対策も限界があります。
一番良いのは夏場は外に出ない、長時間日差しにとどまらないといった対策が大事です。

また、地域によっても紫外線の量も変わってきます。例えば、日本でも南国に行くと
紫外線の量もやはり自然と増えてしまうので気をつけて下さい。

加えて、浴びてしまう紫外線の量は変わりつつあります。
昔は長時間外で作業していても問題はあまりありませんでしたが、
ますます環境汚染が進んでいる昨今にあっては紫外線も大気をすり抜けてくることが以前にも増して増えているのです。

こうしたことから、やはり昔と一緒だと考えないでしっかりと対策をすることが必要です。
もしも頭皮に対するダメージ等が気になる場合には、クリニックで見てもらうことも大事です。
美容クリニックではこうした検査も行っています。気の所為で済ませるとハゲるまで状態が悪化することすらありますから、
予防を兼ねてまずは美容クリニック等に店に行くことをお勧めします。

特に部分ハゲなどが生じてきたらかなり危険な兆候ですから、すぐにでも行って見てもらうようにしましょう。

帽子を被る、日陰にいるなどの「簡単にできる紫外線対策」は沢山ある

紫外線の量は工夫次第でかなり減らせるものです。
例えば、日陰にいるようにするだけで約50%以上も紫外線を減らせます。
結局、日に当たらなければそれだけ自然と浴びてしまう紫外線も減らせますから、
出来るだけ外を歩く際にも、建物のそばを歩いて影に隠れる等するようにしましょう。

特に効果があるのが帽子です。これは簡単に出来る予防策であり、
被るだけでほとんどの紫外線を防ぐことが出来ます。しっかりとかぶれば
熱中症対策等にもなるので、夏場は必須と言っても良いでしょう。

特にフチなどが幅広い、しっかりと髪全体を覆える製品を選んで下さい。

また、余裕があるならばUV対策が施された製品を選ぶことをお勧めします。
製品によっては実に紫外線の遮断率が高いものもあります。
やはり気になるならばより被るものにもこだわってみると良いでしょう。

天気の変化等に気をつけることも大事です。天気が変化するとそれだけ紫外線の量も変わってきます。

例えば、曇のときと晴れのときでは紫外線の量も様変わりします。
もしも晴れになるならば欠かさずに対策をしておくと良いでしょう。

他にも、紫外線は完全に遮断できるものではないことを知っておくことも大事です。
パラソル等を用いていてもやはり多少は紫外線を浴びてしまいます。

「直接当たっていないから大丈夫」といったように単純ではないのが難点です。
一番良いのはやはり屋内にいることで、外に出ないようにするのが最大の対策になってきます。
帽子を被るにしても完全に光線を遮断できるわけではありません。

更に、紫外線対策のケア製品を用いることもありです。
市販の商品としては紫外線クリーム等があります。こうした製品を用いれば
5~9月に帽子をかぶれない場合でも安心です。

特に美容クリニックの専用品は実に効果が高くなっています。それだけ高いものの、
試してみる価値は十分にありますから、本格的な対策をしたい場合にはお勧めします。

また、パラソルを用いる際には気をつけて置きたいこともあります。
通常の日傘はそこまで遮断率が高くないので、帽子と併用するといった工夫が大事です。

パラソルによっては逆に光を集めてしまうものもあります。
例えば、黒色のパラソルはおすすめできません。

このように出来ることは多いものの、どうしても個人的に出来ることは限界もあります。
美容クリニックに行けば色々と本格的な指導もしてくれるので、本当に悩んだら行ってみるのも良いでしょう。

IPSコスメティックスで内側からも外側からも美しくなる


IPSコスメティックスでは、紫外線対策としてUVクリームも販売されています。
それぞれの商品にこだわり抜かれたIPSコスメティックス独自の成分が
配合されていますので、IPSコスメティックスの美容液と合わせて使う事で
より高い効果をはっきできるのです。

更に、IPSコスメティックスではサプリメント類も販売されているので、体の内側に働きかけて
美容面や健康面で改善したいと考えている方にぴったりな商品も紹介されています。

 

IPSコスメティックスで内側と外側、両方からのアプローチをすることで、若々しく健康に保ちたいですね。
見た目の美しさは心も若く保つことができるのではないでしょうか。
効果的なヘアケアのセット